Jaguar S-type トランスミッションイジョウ X200

コマツザキです。

 

1999年式のS-TYPEが浦安からご来店いただきました。

「トランスミッションイジョウが出て、ディーラーで丸ごと交換って」

「ソレノイドCが悪いと言われた」

「ATFの状態は悪くないって言われた」

 

この頃のS-TYPEってマニュアルに診断フローチャートが出てるから、その順にやれば良いのにねぇ。

ま、新車設計時のフローチャートはアテになりませんが、何も診断せずにいきなり「丸ごと」では、ちょっと・・。

 

 

実は私はちゃっかりフローチャートに目を通してたんですが、冷間時何でもなくて温感時故障するなんてチャートなんてどこにも書いて無かったんです。

 

左の画像はラジエター。

親方が触診しているところ。

「ヒートしてるんじゃないの?」から点検しています。

 

で、これが驚き。

ホントにヒート気味のようで、ラジエターが冷たいんです。

サーモ開いてないのかって疑ってます。

サーモの点検する前にまたも松本さん

「エア抜きの栓を触った事無いんじゃないの?」と。

 

確かに工具あてた跡が無いです。

 

ジャガーディーラーさんで作業してたという事なんですが・・。

 

とりあえず、エア抜きしてラジエターは復活。

 

でもその後の試運転でもやっぱり点灯しちゃったので、次の点検に移ります。

(ここから私の出番です)

 

まず、ミッションの開腹ですね。

 

かなーり臭う。

金属粉が混じったATFの焦げた臭い。

 

これはトルクコンバーターあたりで結構痛めつけられてる証ですな。

 

 

ソレノイドバルブ付近の画像。

 

スラッジたっぷり。

 

松本さんに確認してもらって、治療方針を決定。

バルブボディーのオーバーホール始めまーす。

このミッション、修理書ではミッション取り外して180℃回転させた仰向け状態で作業するようです。つまり、車載された状態でうっかり外すといろいろ落ちてきます。

とりあえず軽くオイルを洗い流してから作業を始めます。

(Shozen流)

(これには意味があります)

(たぶんどんなミッション屋さんでも先には洗わない)

(注・ちなみにうちはミッション屋さんではありません)

 

シリンダスタックしているピストンもありましたね。

 

ひとつひとつ点検していきます。

やっと1列目摘出完了!

 

ふぅ~。一服つかせてもらいましょうか。

 

=3 

 

・・・あ・見つけた。

見つけましたよー。

 

ピストンの中に入り込んでるから最初分からなかった!

スプリング割れてまーす。

 

4速を制御しているシリンダでした。

 

冷間時ではオイル硬さの影響で症状出にくかったんですかね。

 

FORD製のこのミッション、部品調達は叶わないのがヤなところ。

きっちり同じものを測定するには今となってはドナーが必要ですが、今回は線径0.8外径7.5長さ19荷重1.5kgのオリジナルスプリングを使わせていただきましょう。

無事組み終わり、装着。

 

今回肝心のATFですが、トルクコンバーターでの発熱リスクを懸念して、成分が適合した硬めのオイルを松本さんがチョイス。

 

試乗しましたが、とても気持ちの良い・加速の軽いS-TYPEが出来上がりました。