Mercedes Benz W124 ATオーバーホール

こんにちは見習いコマツザキです。


寒くなってきましたね。

大野さんもタイツを履きだしたという事なので、私としては季節感を感じてます(しみじみしますよね)。


ここの所ATのセミオーバーホールをよく作業してます。


ミッションフルオーバーホールもしくはリビルト丸ごと交換となれば高額です。


ATFのメンテナンスでどれだけ長持ちするものか当店で引き続きレポートしていきます。

このベンツはですねぇ、現在26万キロを超えたところ。

10万キロを超えたところで延命処置としてバルブボディーのリペアを施しました。


それから16万キロ走破して、お客様と充分な相談の上、もう一回バルブボディーの点検をしてみようということになったのです。


すごいでしょ、これ。

クルマ屋さんならわかってもらえるATFの極上コンディション。

スラッジ泡が立ってない。


前回オヤカタが作業したのが尚良しだったのかも。

オリフィスやチェックボールがやたら状態が良い。

オーナーの乗り方も良いのでしょう。

 

綺麗なバルブボディーはとても気持ちの良いものです。

 

オヤカタの判断でクラッチまでは、まだ手を入れなくても良いんじゃないかと決定しました。

経済性を考えると、今回はここまで。

それでもまだまだこのAT使えるという事です。

 

W124のミッション修理については旬な時期をとうに過ぎてはいますが、逆に稀有な情報発信になるでしょう。

 

だってあの壊れやすいW124のミッションが、ATFとバルブボディーのリペアだけで30万キロ軽く超えそうだってすごくないですか!